耳目便り

耳目便り

わらべうた「通りゃんせ」の歌詞が生まれた場所は川越市の三芳神社への細道か?

「通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ」の歌いだしはだれでも一度は聞いたわらべ歌であろう。郷愁を誘う。遠いふるさとを思い出す。幼き頃、近所の子らと鬼ごっこやかくれんぼをして陽が落ちて帰ると母親にきつく叱られた思い出...
耳目便り

名曲「埴生の宿」の誕生ヒストリー 作詞作曲はだれ?

ふる里が恋しいのはどの季節であろうか。筆者の思いならば一番は木の葉の色づきが始まったころであろうか。 裏山の岩肌に上り詰めた蔦(つた)などの葉っぱが上から赤、橙、黄と色づきが順に降りてくるころである。 なぜか思い出される...